畜産課程

専攻紹介 畜産課程

畜産概論、家畜生理学、家畜飼養学、家畜繁殖学等、畜産に必要な幅広い知識を修得するための学習を行っています。
実習では、全国に誇る但馬牛約50頭を飼育し、繁殖・肥育一貫経営に対応できる飼養管理技術について、基礎から応用まで幅広い実践実習を行っています。 日常の管理では、牛の健康状態の把握、手入れの仕方や飼料調整を、また人工授精等の繁殖技術や削蹄、去勢等の管理技術を修得します。
プロジエクト学習では、母牛・子牛管理や肥育管理等の効率的技術改善に向けた課題を設定して取り組んでいます。